男の人

電力自由化ならPPSの導入や依頼がぴったり|省エネで賢くコスト削減

罰則もあるフロン抑制法

森林

エアコンを使用する企業は数多くありますが、使っているエアコン機器の中には、フロンガスが未だに使用されているものがあることを知っている人は少ないでしょう。フロンガスはかつてエアコンや冷蔵庫の冷媒として使用されていたガスですが、地球をとりまくオゾン層と結合して破壊するガスとしても知られており、最近では使用している機器は全くといっていいほどありません。しかし、製造年月日が古いエアコン機器ですと、一部にフロンガスが用いられていることもあるのです。フロンガスは環境への影響が知らされたあとも、使用を制限されただけで一部限定的に機器へ使用されていました。古いエアコン機器では使われている可能性が高く、機器を劣化させてしまうとフロンガスが空気中へと放出される恐れがあるのです。改正フロン法では、例え故意でなくともフロンガスを放出させた場合、その企業に厳しい罰則を与えます。そのため、古いエアコンを使用する企業は定期的に点検を依頼する必要があるのです。エアコンの点検や修理を行なう会社に依頼すれば、改正フロン法にも抵触させず、安全にエアコンを使用し続けられるようになるでしょう。

改正フロン法では、エアコンの区分によって点検を行なう頻度も制定しています。7.5キロワット以上の出力のエアコンならば、三年に一回の点検で済ませることができます。使用されているフロンガスの量も少ないので、ガスが漏れ出ることの危険性が少ないからです。しかし、ビル全体の空調を行なうエアコン機器となると、漏れ出るフロンガスの量も多いため問題となります。改正フロン法では、50キロワット以上の機器の場合、一年に一回は必ず点検をすることを義務付けています。専門の会社に依頼し、修理や点検、買い替えなどを行ないましょう。